仲介売却・買取

  • HOME
  • 仲介売却・買取

不動産の仲介売却や不動産買取について

不動産の売却には仲介売却と不動産買取の2つの方法があります。それぞれメリット、デメリットがありますので、お客様が不動産を売却するご事情や背景に合わせて選ぶようにしましょう。

こちらでは大分県別府市の不動産会社「ファミリーホーム」が、仲介売却と不動産買取についてご説明します。どちらが適しているのか分からない場合には、当社担当者へお気軽にお尋ね下さい。お客様の状況を伺い最適なアドバイスをいたします。

仲介売却について

不動産を売却するもっとも一般的な方法が「仲介売却」です。売主様と不動産会社とが媒介契約を結び、売却を依頼された不動産会社は購入希望者を見つけ、売買条件をすり合わせながら、早期の売却を目指していきます。

仲介売却では、査定額をもとに、お客様が決めた価格で物件を売り出します。そして購入希望者を見つけるために行うのが、不動産会社による売却活動です。購入希望者が現れたら、売却価格や引き渡し時期、引き渡し条件などの折衝を重ねていきます。

お客様の納得いく価格で売却できるように丁寧に販売活動を行っていきますので、査定から売却までにかかる期間は、平均で3~6ヶ月ほどです。場合によっては1年以上かかることもありますが、購入希望者とうまくめぐり会えば1ヶ月以内で成約に至ることもあります。

仲介売却について

仲介売却のメリットについて

不動産を売却するには、不動産が直接物件を買い取る「不動産買取」という方法もあります。不動産買取の場合、売れるまでの時間を待つ必要はなく、すぐに売却できますが、市場で取引される価格よりも安くなってしまいます。

これに対して仲介売却は、売れるまでに時間がかかるものの、不動産買取に比べて高く売れる点がメリットです。売主様がローンの残債などを考えて、ご自身の希望する価格で売却を目指すことができます。

とはいえ、購入希望者が現れずに売れ残ったり、購入希望者が現れても条件面の折衝のため時間はかかったりすることもあります。場合によっては値下げを検討せざるを得ないこともありますが、それでも買取価格を下回ることはないでしょう。

仲介売却のメリットについて

媒介契約とは?

不動産会社に仲介売却を依頼する場合には、売却をお願いするための契約を結ぶ必要があります。こちらでは売却の際に知っておいていただきたい「媒介契約」についてご説明します。

媒介契約の必要性

不動産の媒介契約とは、仲介売却でどのようなサービスを受けるのか、それに対して依頼主様は仲介手数料をいくら支払うのかを明確にした契約です。媒介契約の締結は、宅地建物取引業法で不動産会社に対して義務付けられています。

媒介契約は、仲介売却のスタートを切るためにとても重要な契約です。不動産の売却を希望される売主様は不動産会社にどのように売却活動を進めたいのか、ご自身の意志をしっかり伝え、契約内容をしっかり理解して契約を結ぶことが必要です。

媒介契約の種類

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3種類があります。それぞれ特徴がありますので、売主様の売却方針を踏まえて、最適な契約を結ぶようにしましょう。

専属専任媒介契約

売主様は専属専任媒介契約を結んだ1社にしか売却を依頼することはできません。また、親戚や知人など、自分で見つけた相手に売却する際にも、契約した不動産会社を通して売却する必要があります。

1社に売却を任せるという拘束力の強い契約であり、有効期間は3ヶ月以内です。不動産会社に対しては、売却依頼を受けた物件を5日以内にREINS(レインズ)に登録すること、1週間に1回以上売主様へ活動報告をすることが義務付けられています。

専属専任媒介契約

専任媒介契約

専属専任媒介契約と同様に、売主様は1社としか契約できません。しかし、親戚や知人など自分で見つけた相手に売却する際には、契約した不動産会社を通さずに売却することが可能です。

専属専任媒介契約と同様に、契約の有効期間は3ヶ月以内です。不動産会社に対しては、売却依頼を受けた物件を7日以内にREINS(レインズ)に登録すること、2週間に1回以上売主様へ活動報告することが義務付けられています。

一般媒介契約

専属専任媒介契約や専任媒介契約と異なり、売主様は複数の会社と契約を結ぶことができます。親戚や知人など自分で見つけた相手に売却する際には、契約した不動産会社を通さずに売却するのも自由です。

専属専任媒介契約や専任媒介契約に比べて拘束力が小さく、契約の有効期間やREINSへの登録、報告義務などがありません。複数の不動産会社と契約した場合には、最終的にはどこか1社の不動産会社を通して取引することになります。

なお、一般媒介契約には、「明示型」と「非明示型」があります。明示型の一般媒介契約は、他にどの不動産会社と契約しているかを知らせる必要がある契約です。一方、非明示型では通知する必要がありません。

より多くの不動産会社と契約すれば、その分、売却できる可能性が高まるように思われるかもしれませんが、不動産会社にとっては不安定な取引となり、各社の取り組みが十分に行われなくなるリスクがあります。

媒介契約を1社に絞れば不動産会社にとって安定した取引になるため、熱心な売却活動を行ってもらえるかもしれません。もちろん、各社の取り組みは媒介契約だけでは決まらないため、売却方針を考えながら契約方法を検討するとよいでしょう。

PICK UP!不動産買取

お客様の物件を不動産会社に直接買い取ってもらう売却方法が、「不動産買取」です。不動産会社は物件を買い取ってから、修繕やリフォーム、リノベーションなどを行い、買取価格よりも高値で販売します。このため、買取価格は市場価格よりも安くなってしまいます。

しかし、仲介売却では購入希望者を見つけなければならず、実際に売れるまでにどれくらいかかるのか分かりません。その点、不動産買取では、売却をご相談いただいてから現金化するまでに1週間~1ヶ月程度で済みます。

このように、「早く売れる」という点が不動産買取の最大のメリットです。すでに住み替えが決まっている方にとってはスケジュールが立てやすくなります。売主様のご都合に合わせて、引っ越し時期のご相談にも対応可能です。

その他、販売活動を行わないため、ご近所の方に売却しようとしていることを知られることがありません。購入希望者に対する内見対応の手間が不要で、仲介手数料がかからない点もメリットといえるでしょう。